図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

ドラマ「フリーター、家を買う。」第8話 ネタバレ感想

ドラマ 「フリーター、家を買う。」 第8話のネタバレ感想です。

ちなみに原作小説はモチロンのこと、公式サイトからナニから
がっぽりネタバレしております!


ドラマ 「フリーター、家を買う。」 第8話 ネタバレ感想


こないだね、義姉とこのドラマの話をしていたときにポロリとこう
言ったんですよー

「(このタイトルは) フリーターが家を買えるって勘違いされそう
 だから、ちゃんと説明してくれないとね。」

...原作を読んでいる私には思い付きもしなかった視点でした。(笑)


さて、今回。
冒頭からすっかりカップルの哲平&あかりちゃん♪

"健やかなるとき" ではなく "病めるとき" に、気持ちが通じ合った
二人だから、きっとこの先も大丈夫よねvvv

それにしても! やっぱり無かったのか...大悦土木にパソコン。

う~ん。事務員のあかりちゃんって、PC無くて一体どんな仕事を
していたのかしら?

原作では、誠治はたった一人の業務部のたった一人の主任として、
PCを導入したり、社会保険の手続きをしたりとかしてましたが...

ドラマでは事務にあかりちゃんが居るので、もし誠治が現場から
事務系に配置換えになったとしても "営業のみ" になるんだろう
なあって思っていました。


嫁の実家を強襲する姑。 スゴイ...(汗)

「結婚前に出来てしまった子とはいえ」 ってこのお姑さん、それに
かなりこだわっている様子。

でも、分かってんのかなー
「結婚前に子どもを作った」 のは、アナタの息子さんなんですよー

嫁が勝手にが一人で作ったワケでは無いのですから。

そんで亜矢子、ようやっと言ったか!

亜矢子のいうコトはいつだって正論ですね。

それにしても、嫁と姑が息子の育て方でこんだけバトルしているのに、
肝心の子どもの父親がここまで不在っても何だかなー

明らかにこのお姑さんは孫の教育に口を出し過ぎなんですから、ここで
ビシッと言うのは嫁ではなく息子であるべきだと思うんですよね。

でも 「失格」 は、サスガにもちっと言葉を選べば良かったのに~とは
思いましたけども。


「それはつまり、俺が恥をかいたってコトだ」

誠一はねえ、こういうこと言うから誠治が反発するんですよー

誠治の就職の件でモノを言うにしても、誠治のことを思っての発言では
なく、自分の都合なんだもんねー

でもね、今回は誠治にもマズイところは有ったと思いますよー。

誠治はね、きちんと誠一に説明すべきだったんです。

何も伝えないでいて 「信じろ」 なんて、虫が良すぎるでしょう?

理解して貰いたかったら、言葉を尽くして話さないと!

相手が察してくれるのを期待するのは甘いと思うのです。

決定的に言葉が足りない。

この父子ってそういうところが良く似ていますね。

そして、誠一はいつも言葉が過ぎる。
だから誠治も言わなくても言い事まで言ってしまう。

大悦も誠一もパソコンが苦手の中年で、若手にその作業を任せて
いるのは同じなのに、この二人全然違いますねー

若手を信頼して任せる大悦と、それを屈辱に感じる誠一。

誠治って大悦には素直なんだよねえ。

でも 「親子だったら言っちゃいけないことがある」 って、そういう
コトは他人にだって言っちゃダメでしょう?

コレって 「親子 "でも" 言っちゃいけないことがある」 んじゃ?って
思いました。


おー! やっと出た、医療機器メーカー 「ナミキ」 (笑)

誠一の "就職相談" って、どうしてフツーに話せないんでしょうね?
言っていることはもっともなことなのに。

そう! 誠一が誠治にレクチャーしていることは、就活する上で
本当に当たり前のことです。

誠治もちったあ就職セミナーに行ったり、本やネットで少しは調べて
就活に備えるくらいすれば良かったのに。


仲の良い母子、寿美子さんと誠治vvv

自分のトコロの母子関係と比べて妬ましかったのでしょうけど、
西本サンもヒドイことするなあ。

でも、彼女が寿美子さんにに意地悪する理由というか、説得力が出る
描写だったと思います。


ナミキの一次面接に合格!

あの面接で受かっちゃったんだねー(笑)

ずっと連戦連敗だったから、きっと嬉しかったコトでしょうね。
でも、誠治くん。パパにお礼くらい言おうよー(笑)

で。それを報告する相手は真奈美なのね。
まあ、大悦社員には言い難いでしょうけども。

一次面接に受かって、100万円溜まって、いろんなことが上手く
行きそうな予感。

けれど、そんな誠治のあずかり知らないところで、印鑑商法にお金を
出している寿美子さん。

波乱を感じさせるラスト。

そして予告映像。

最終面接で電話が入り、面接会場を飛び出す誠治。

...って、このパターンは前にも1回有りましたよね?
う~ん。同じことを繰り返すことに何か意味があるのかな?

まあ、何はともあれ次回を見てみないことにはねvvv

スポンサーサイト

<< 拍手 | ホーム | 拍手 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP